国宝の五重塔

国内旅行 山口

国宝瑠璃光寺五重塔と維新の史跡を歩く 山口市香山公園

山口市内にある香山公園は国宝である瑠璃光寺五重塔を有し、毛利本家の墓所や維新ゆかりの建物などが点在しています。

紅葉の名所でもあり、毎年11月中旬が見頃です。(写真撮影は10月下旬)

⇩ 広々とした駐車場は無料で、きれいな車いす用トイレも完備しています。

瑠璃光寺の広々とした無料駐車場
広々とした無料駐車場

 

国宝瑠璃光寺五重塔

⇩ 駐車場から入り口に入ってすぐ右側に、国宝である五重塔が見えます。

池の手前から見る空と山を背にした五重塔はどの季節も美しく、室町時代からの変わらない風景を堪能できます。

国宝 瑠璃光寺五重塔
瑠璃光寺の国宝五重塔(10月20日撮影)

 

陶氏の菩提寺瑠璃光寺

⇩ 瑠璃光寺への石畳み

瑠璃光寺への石畳
奥に位置する瑠璃光寺へ向かう

⇩ 瑠璃光寺は大内家筆頭家老で、代々周防国の守護代をつとめた陶氏の菩提寺です。

陶氏の菩提寺である瑠璃光寺
瑠璃光寺

 

薩長連合の密談の場「 枕流亭 」

⇩ 瑠璃光寺のすぐ隣には、西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允、伊藤博文らが薩長連合の密談をかさねた枕流亭が移築されています。

靴を脱いで、密談の部屋に上がることもできる、貴重な建物です。

明治維新史跡「 枕流亭 」
明治維新史跡「 枕流亭 」

⇩ 実際に密談のあった2階の部屋はそのまま残されています。

明治維新史跡「 枕流亭 」の密談のあった部屋
畳に座って、維新の志士が見た同じ景色を見ることができます

 

倒幕の議論が行われた「 露山堂 」

⇩ 枕流亭のすぐそばには、萩藩主毛利敬親が設けた茶室「露山堂」があります。明治24年にこの場所に移されました。

敬親は、茶の湯を楽しむふりをして身分に関係なく家来らをこの一室に集め、実際は幕府に対する謀り事の議論を重ねていたそうです。

露山堂
露山堂

⇩ 外腰掛のようなものも残っています。

外腰掛のようなもの

 

萩藩主毛利家墓所

明治4年(1871年)、敬親公が山口で没しこの地に葬られ、以降の墓地として14代毛利元徳夫妻、15代元昭夫妻のお墓があります。

毛利本家の墓所
墓所の説明書き

 

⇩ 香山公園の地図はこちらです。

 

⇩ 香山公園を散策してお腹が減ったら、駐車場の向かいにあるお蕎麦屋さんで名物の蕎麦寿司をいただきましょう。

 

 

スポンサーリンク

-国内旅行, 山口
-, ,