オーストラリア 海外旅行

大陸横断鉄道インディアンパシフィック号で女性一人旅

インディアンパシフィック号

2004年にオーストラリアの大陸横断鉄道、インディアンパシフィック号に一人で乗りました。

コロナで海外へ行けない今、その時のことを振り返りたいと思います。

この頃は、まだフィルムカメラだったのです。

.

インディアンパシフィック号とは

オーストラリア大陸のシドニー⇔パース間を3泊4日かけて走る大陸横断鉄道。(公式サイトはこちら)

途中のナラボー平原では、世界で一番長い鉄道直線区間を通ります。

当時”ゴールドカンガルー”と呼ばれていた一等車は寝台個室で、部屋にはアメニティが用意され、ピンバッジなどのお土産や豪華な食事が運賃に含まれていて、ラウンジに行けば何時でも無料でコーヒーや紅茶がいただけました。

当時のレートで10万円くらいだったと思います。

この時は奮発したよ!

.

出発駅の様子

私はパースから乗ったので、East Perth Terminal から乗車しました。

大きな荷物は預かって貰えるのですが、寝台個室に泊まるので預けずに個室に持ち込みました。

イーストパース駅の出発ホーム
イーストパース駅の出発ホーム
イーストパース駅のホームで出発を待つインディアンパシフィック号
イーストパース駅のホームで出発を待つインディアンパシフィック号
インディアンパシフィック号の機関車

ホームでは同じくインディアンパシフィック号の乗客から「よろしく~😃」とあちこちで声を掛けられます。

ここでちょっとだけでも言葉を交わしておくと、これから列車内で顔を合わせる度に、前々からの知り合いみたいな扱いで、とても楽しく過ごすことが出来ます。

出発前には、ちょっとしたセレモニーが行われ、いよいよ乗車です!

ゴールドカンガルークラスの乗車口
ゴールドカンガルークラスの乗車口。

わくわくMAXの瞬間だよね

.

車内の様子

私はシングルキャビンに乗りました

曲がりくねったシングルキャビンの廊下
曲がりくねったシングルキャビンの廊下

個室はこんな感じです。個室内には洗面台もありました。

夕食を食べている間に、乗員さんが座席をシングルベッドにしてくれます。

シングルキャビン
シングルキャビン
シングルキャビン
シングルキャビン

トイレとシャワーは共用ですが、ゴールドカンガルー専用なので、他の人と被ることなく快適でした。

またこのクラスは全食事が含まれているので、アナウンスで呼ばれたら食堂車へ向かいます。

コースのお食事は豪華で美味しいのですが、空腹になる暇もなく次の食事の時間になるので、常に満腹状態。確実に太ります。

そして食事は相席なので、必然的に他の乗客とおしゃべりをするようになり、回を重ねることに顔なじみが増えていきます。

特にこのクラスはご年配の方が多かったので、当時ダントツ最年少だった私はいろいろ親切にして貰いました。

.

車窓の風景

パースを出発後しばらくは街の中を通りますが、ほとんどは砂漠です。

でも、ずっと砂漠っていう景色は日本人にとっては珍しい光景なので、見ていて飽きません。

写真にはありませんが、月明かりに照らされた夜の砂漠が、特に印象的でした。

ナラボー平原
ナラボー平原
ナラボー平原

クック駅

途中のクック駅では補給のためしばらく停車します。

クック駅に差し掛かった頃には、私たちゴールドカンガルーの乗客にも一体感が生まれてきて、いつもべったりではないんだけど、顔を合わせればなんか話すといった、なんだか親戚のような感じでした。

私たちは停車中、食堂車でおしゃべりに夢中になっていましたが、親切なおじいさんが笑顔で腕時計を指さしながら「早くしないとクック駅見れないよ」と言ってくれ、みんなで慌てて大笑いしながら下車しました。

クック駅
クック駅
クック駅
クック駅

クック駅

フィルムカメラの頃は、今のように食事を写真に撮る習慣が無かったので、それがちょっと残念

.

スポンサーリンク

-オーストラリア, 海外旅行
-, , ,