羽田空港国際線

海外旅行

コロナ前のJALサクララウンジとプレミアムエコノミー

羽田空港国際線
羽田空港国際線のラウンジへの入り口

まだコロナ前、マイルを使って香港まで、JALのプレミアムエコノミーに乗りました

.

マイルを貯めて無料で海外へ

まだコロナ前の2017年、貯まったJALのマイルを使って、香港までJALプレミアムエコノミーで行ってきました。

片道15,000マイル、往復で30,000マイルです。

特典航空券なので、乗り継ぎの国内線区間の航空券も無料で付いてきます。

サクララウンジに入れます。

例えば山口県住みの私の場合、山口宇部空港⇔羽田空港の往復航空券も無料で含まれています。

乗換は24時間以内までOKなので、宇部空港を朝出発し羽田空港に11時に到着して、その日は東京で遊んで1泊して、翌日の朝10時の飛行機で香港へ行く、ということも可能です。

私はこの時、神田まつやで年越しそばを食べ、銀座のデパートでお買い物をして買ったものを宅配便で自宅に送り、翌日に香港へ旅立ちました

.

羽田空港国際線サクララウンジ(2017年当時)

JALのプレミアムエコノミークラスに乗ると、サクララウンジにも入れます。

専用のカウンターで手続きを済ませて、免税店で買い物を楽しんだら、サクララウンジへ向かいます。

羽田空港国際線ラウンジへ向かう
羽田空港の国際線ラウンジへ向かう

エスカレーターを上がってすぐに、サクララウンジの入口があります。

ここの受付で搭乗券を確認してもらい、ラウンジに入ります。

羽田空港国際線サクララウンジ入口
羽田空港国際線サクララウンジ入口

⇩ 入ってすぐ、写真右側にセルフの無料ロッカーがあるので、機内に持ち込むピギーバッグをここに入れて、ラウンジ内を身軽に過ごせます。

羽田空港国際線サクララウンジ、入口入ってすぐ。右側にはセルフの無料ロッカー
右側にはセルフの無料ロッカー

⇩ 当時のダイニングルーム。

羽田空港国際線サクララウンジのダイニング
カウンター席もあり、コンセントも完備

⇩ この日は朝食の時間帯でした。この明太子がプチプチで美味しかったです。

この他、メゾンカイザーのパンとか、サンドイッチ、スープが数種類、それに名物のビーフカレーもあります。

羽田空港国際線サクララウンジの朝食メニュー
サクララウンジ朝食メニュー

⇩ アルコール類も充実。さきほどの明太子で朝から日本酒をいただくこともできます。

羽田空港国際線サクララウンジのアルコールメニュー
個人的にお気に入りの「雁木」もラインナップ

⇩ でもサクララウンジといえば、やっぱりカレーですよね。噂通り美味しいです。

羽田空港国際線サクララウンジ名物のカレーライス
サクララウンジ名物のカレーライス

⇩ 連休の時期でも、お手洗いも空いててキレイです。

羽田空港国際線サクララウンジのトイレ
羽田空港国際線サクララウンジ内のトイレ

⇩ 階段で2階へ上ると、ゆったりとしたソファー席が並んでいました。

羽田空港国際線サクララウンジのソファー席
広々としたソファー席

⇩ 飛行機が見られるカウンター席もありました。全席コンセント付き。

羽田空港国際線サクララウンジのカウンター席

.

羽田空港国際線サクララウンジスカイビュー(2017年当時)

カレーライスでお腹いっぱいになったら、この日の出発ゲートにより近い場所にあった、サクララウンジスカイビューまで移動し、ここで出発までゆっくりすることにしました。

JALサクララウンジはハシゴもできますよ!

⇩ スカイビューのダイニングはお腹いっぱいなのでスルー。

羽田空港国際線サクララウンジスカイビューのダイニング
こちらのラウンジは景色が最高!

⇩ 左側のドリンクバーも充実。

羽田空港国際線サクララウンジスカイビュー
スペースにゆとりがありますよね

⇩ ドリンクバー。

羽田空港国際線サクララウンジスカイビューのドリンクバー
山崎の梅酒もありました

⇩ オットマン付きのソファーが並ぶ場所からは、駐機場が見渡せました。

羽田空港国際線サクララウンジスカイビュー
どこに座ろうかな?

⇩ 出発までゆっくりします。

羽田空港国際線サクララウンジスカイビュー
アラレや柿の種のおつまみも

サクララウンジでのお食事や飲み物はすべて無料ですが、飲みすぎ注意ですよ!

.

JALプレミアムエコノミークラス

⇩ JALのプレミアムエコノミークラスの座席は、前の席が倒れてこない、自分がリクライニングしても後ろの席に影響しない、気兼ねなくシートを倒せる仕様です。

シートベルトもクッション性があって痛くない。

JALプレミアムエコノミークラスの座席
JALプレミアムエコノミークラスのシート

⇩ 前が広いし、レッグレスト・フットレストがあるので、足の疲れが全然違います。

独立したドリンクホルダーが地味にうれしいし、ふかふかのスリッパとコンパクトな靴ベラは持って帰って、この香港旅行中に大活躍しました。

JALプレミアムエコノミークラスの座席
足元広い!

⇩ スマホの充電もできます。

JALプレミアムエコノミークラスの座席
座席にはコンセントも完備

⇩ 機内食はエコノミークラスと同じですが・・・

JALプレミアムエコノミークラスの食事

⇩ 飲み物が違います。エコノミークラスには無い、ペリエやシャンパンが選べます。

ただ、プラスチックカップです・・・シャンパンを飲むときの気分の高まりは、大部分はあのシャンパングラスにあるのだと気が付きました。

JALプレミアムエコノミークラスで出てくるシャンパン
シャンパンのミニボトル

⇩ そうこうしているうちに、もうすぐ香港に到着です。

JALプレミアムエコノミークラスの座席からの眺め
楽なシートなので、あっという間に到着です

.

プレミアムエコノミーにして良かった点

  • 特典航空券だと、片道たったの5000マイルの差で乗れる
  • 専用のチェックインカウンターなので待たない
  • サクララウンジが使える(これがとても大きい)
  • シートが快適
  • エコノミークラスにはないドリンクが選べる
  • 頭上の荷物入れの争奪戦が無い
  • プライオリティバッゲージサービスで預け荷物が優先で出てくる

もう普通のエコノミークラスには戻れないかも?

.

こちらも見てね!みゆきさまのレビューブログ

   

スポンサーリンク

-海外旅行
-, ,